シェフと管理栄養士が手作りする、おいしい冷凍幼児食。忙しいママに余裕時間を♪

LUCE for kids

5,000円以上お買い上げで送料無料

あたま・こころ・からだ はぐくむ食事って?あたま・こころ・からだ はぐくむ食事って?

幼児期に便秘になる理由は? ほっとかないで!
便秘になったときの食事療法

便秘とは、

便がでにくく苦痛をともなう状態のことです。

子どもの便秘はよくあることですが、

便秘は子どもにとっては痛く苦しい状態で、

決して放っておいてはいけません。

また、特に幼児期は便秘になりやすく、

放置するとますます便がたまり

水分が吸収されて固くなるという

悪循環を引き起こします。

 

「便秘は万病のもと」と

昔から言われるように、便秘が悪化すると、

ストレスがたまったり、痔になったり、

腸内環境が悪化して免疫力が下がり感染症に

かかりやすくなるなどのリスクがあるため、

幼児の便秘は親が注意して

早めにケアをしてあげましょう。

 

 

 

便秘度チェック

まずはお子さんが便秘になっていないか

チェックしてみましょう。

1週間に2回以下の排便

過度に排便を我慢する

便が固いか排便時に痛みがある

トイレを詰まらせてしまうような大きい便が出る

これらの項目にあてはまる場合、

お子さんは便秘の状態です。

幼児の場合、

11回以上の排便があることが望ましいです。

 

 

 

 

幼児期に便秘になる理由

1つ目は、
離乳食から幼児食に移行するタイミングで、
食事内容が変化することにより起こります。

2つ目は、
トイレトレーニングにより、
排便を我慢して便が出にくくなることがあります。

3つ目は、
保育園や幼稚園に入園した時に、
環境の変化や緊張で便を我慢することにより起こります。

 

 

 

 

便秘を改善する食事療法

便秘を解消する食事療法として有効なのが、

食物繊維の摂取です。

食物繊維は、腸を刺激して

ぜん動運動を促進する作用があります。

食物繊維には水溶性と不溶性があり、

不溶性食物繊維は水分を吸収して

膨張し便量を増やす効果があるのに対して、

水溶性食物繊維は乳酸菌やビフィズス菌などの

腸内細菌の増殖を促進する効果があり、

両方をバランスよく摂取することが望ましいです。

 

水溶性食物繊維を多く含む食材は、

大豆や大麦・ライ麦などの麦類、

こんぶやわかめなどの海藻類、果物や野菜です。

 

不溶性食物繊維を多く含む食材は、

しいたけやえのきなどのきのこ類、

大豆やいんげんなどの豆類などです。

 

また、食物繊維は水分を吸収して

膨らむことで腸を刺激するので、

水分と一緒に摂取することも大切です。

とは言え、食物繊維を生野菜で摂取しようと

しても子どもはなかなか食べてくれません。

 

そんな時は、生野菜サラダではなく、

温野菜にしてカサを減らしたり、

白米ではなく玄米やもち麦入りごはんに

することをおおすすめします。

 

また、野菜や海藻、豆類を使って幼児向けに

おいしく調理した冷凍幼児食の「LUCE」を

活用するのも良いですね。

 

尚、小児慢性機能性便秘症の

診療ガイドラインによると、

頑固な便秘症の幼児で牛乳の摂取をやめると

排便がみられたという複数の症例があり、

便秘症と牛乳アレルギーの関係が明らかにされています。

 

牛乳を大量に飲むお子さんで

頑固な便秘が治らない場合は、

牛乳アレルギーが関与している恐れもありそうなので、

小児科で相談してみましょう。

 

 

 

 

朝食をきちんと食べよう

朝食は寝ている間に空っぽになった

胃に食べ物が入るので朝昼夕食の中で

最も刺激を受けやすい食事です。

 

また、朝食を食べる事で腸のぜん動運動が起こり

排便を促してくれます。排便習慣をつけるために、

毎朝朝食を食べた後に子どもをトイレに連れて行きましょう。

 

トイレにかわいい装飾をしたり、

子どもの好きなキャラクターのポスターを

張ったりして、トイレを楽しくする方法もおすすめです。

 

運動や食事療法や生活習慣の改善でも

便秘が治らない場合は、早めに小児科を受診しましょう

 

 

 

 

便秘におすすめのLUCEの商品

・さつまいものポタージュ:
https://luce-kids.com/products/detail/19

国産さつまいもの食物繊維で、

お腹の調子を整えてくれます。

朝に飲むと体が温まり腸が刺激されて

排便を促してくれます。

 

・野菜のうま味たっぷり筑前煮:

https://luce-kids.com/products/detail/74

 

5種類の野菜を使った栄養たっぷりの筑前煮。
ごぼうは水溶性食物繊維と、

不溶性食物繊維の両方がバランスよく

含まれているので、便秘予防に最適な食材です。

 

・ひじき入り豆腐ハンバーグ:

https://luce-kids.com/products/detail/8

便秘予防に効果のあるおからパウダーと

ひじきが入った和風ハンバーグ。

おいしく食べられて、タンパク質や

カルシウムなどの栄養も補給でき、

便秘予防にもなる嬉しいおかずです。

 

参考文献

「小児慢性機能性便秘症の診療ガイドライン」:
https://www.jspghan.org/constipation/files/guideline.pdf

ページトップへ