シェフと管理栄養士が手作りする、おいしい冷凍幼児食。忙しいママに余裕時間を♪

LUCE for kids

5,000円以上お買い上げで送料無料

あたま・こころ・からだ はぐくむ食事って?あたま・こころ・からだ はぐくむ食事って?

男の子だけではない!女の子もお祝いしてよい「こどもの日」

5月5日の「こどもの日」は

「端午の節句」の日でもあります。

 

そもそも節句とは「季節の節目となる日」のことで、

無病息災・五穀豊穣・子孫繁栄などを願って、

その季節の旬のものをお供えしたり食べたりして

邪気を祓う行事を行います。

 

お正月(1月7日)の七草=人日(じんじつ)の節句、

3月3日の桃・ひな祭り=上巳(じょうし)の節句、

5月5日の菖蒲=端午(たんご)の節句、

7月7日の竹・七夕まつり=七夕(しちせき)の節句、

9月9日の菊、栗=重陽(ちょうよう)の節句、

のように植物と関連した五つの節句が残っています。

 

 

 

 

 

端午の節句には、男の子の健やかな成長を祝って

鯉のぼりや五月人形を飾ったりしてお祝いをする

習わしがあります。

 

「屋根よ~り~高い、鯉の~ぼ~り~♪」。

風に揺られて泳いでいる鯉のぼりは、

5月の風物詩ですね。

 

ところで、鯛でも金魚でもなく、

なぜ「鯉」なのか知っていますか。

 

昔、急流の滝を多くの魚が登ろうと

試みたが鯉のみが登り切り、

竜になることができたという

中国の言い伝えがあります。

 

そのため、鯉にはこどもが強くたくましく育ち、

立派な人になるようにという願いが

込められているのです。

 

鯉のぼりや五月人形を飾る端午の節句は、

男の子だけのお祝いというイメージがありますが、

こどもの日でもある5月5日は「こども」のための日なので、

男の子だけでなく女の子も一

緒にお祝いして良いのですよ。

 

男女関係なく、こどもたちがその子らしく

元気に成長してくれることを家族でお祝いしましょう。

 

 

 

 

こどもの日は何をする?

こどもの日であり端午の節句でもある5月5日は、

伝統文化に基づいて様々な楽しみ方があります。

 

鯉のぼりを飾る

中国の故事が由来の鯉ですが、

鯉のぼりの風習は日本が始まりで日本独自の風習です。

鯉のぼりは江戸時代に男の子が生まれると

のぼりを立ててお祝いしていたことから始まりました。

鯉のぼりには、こどもが強くたくましく育ち

将来出世して立派な人になるようにという

願いが込められています。

 

☑五月人形を飾る

五月人形には、

「鎧飾り」、「兜飾り」、「武者人形」の

3つのタイプがあります。

鎧や兜、それらを身に着けている武者人形には、

こどもたちを災いから守ってくれるように

という願いがこめられています。

 

☑しょうぶ湯に入る

しょうぶ湯とは、お湯の中にしょうぶの葉や

根を浮かべて入るお風呂です。

漢方や薬草としても使われているしょうぶには、

血液循環を促して

体を温める効果があるとされています。

しょうぶ湯に入って体を清めると、

病気などの悪いことを追い払う力がある

と言われています。

 

☑柏餅を食べる

柏餅とは、うるち米などで作ったお餅で

餡をはさんだものを柏の葉に包んで蒸したお菓子です。

柏は葉が落ちるときには

新しい芽が出てきて途切れないことから、

子孫繁栄につながる縁起物とされています。

 

☑ちまきを食べる

ちまきは、甘いお餅を笹の葉で包んで

いぐさなどで縛って蒸したお菓子です。

ちまきを包む笹の葉は強い香りがあり、

厄除けの食べ物と言われています。

 

このように、用意する飾りや食べ物も様々で、

お祝いをしたいけれども全て準備をするのは

少し負担に感じる人もいるかもしれません。

 

しかし、こどもと一緒に折り紙で兜を折ったり、

鯉のぼりのお絵描きをしたり、

しょうぶの葉がなければ

代わりにハーブの入浴剤を入れて

お風呂に入ることでも、

お祝い気分を味わえますよ。

 

 

 

 

こどもの日はお母さんに感謝する日?

こどもの日は

「こどもたちの人格を重んじ、

こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

ことが趣旨である国民の祝日です。

こどもの日はお母さんに感謝する日でもあるのですよ。

 

毎日、家事や子育てを頑張っているお母さん。

5月5日はお子さんの成長をお祝いするとともに、

お母さんもゆっくり休んでくださいね。

 

そして、お父さんへの感謝も忘れないでくださいね。

LUCE  期間&数量限定★5種の野菜のごちそうこいのぼりピザ

https://luce-kids.com/products/detail/101

ページトップへ